リサイクル業者に引っ越しの不用品を回収してもらうと良いのか?

引っ越しをする時に家具や家電、趣味の小物等の不用品が出て整理に困る事もあるかと思います。
そんな時には、何処に頼めば良いのでしょうか?
何でも粗大ゴミにしてしまうのはもったいない事もあるので、時間に余裕があればリサイクル業者に頼む事も視野に入れて考えてみましょう!

先ずは家電製品ですが、加湿器などの小さい物はコンセントを外して雑金属の回収で無料で市町村で回収してもらえる事があります。
照明器具も解体したり、たとえ物干し竿でも30センチ以下に切ると、無料で回収をしてもらえる事が多いのです。
テレビやエアコン、冷蔵庫、洗濯機の様な大型家電製品は、リサイクル法に基づいて、一般の粗大ゴミでは回収してもらえません。
自治体に問い合わせると、市町村が委託している家電屋にリサイクル料を払って回収に来てもらう事になるのです。
もし、買い替えを検討しているのであれば、家電量販店に回収してもらう事も出来るので、相談してみると良いと思います。
引っ越し先が近い場合は、引っ越し業者にとりあえず引っ越し先に持って行ってもらえれば、通常の配送費用とリサイクル料で済ませる事が可能です。
引っ越しの際、その様にしてもらえるのか、比較してみることです。
また、2世帯を一つにする様な引っ越しの場合に、冷蔵庫や洗濯機は年式が新しいとリサイクル料が掛からないケースもあります。
また、年式が新しい場合はリサイクル業者に買い取りを相談する事も良いと言えるでしょう。
不用品でリサイクル料を払うだけよりも、買い取ってもらえるのであれば得になるのです。

最近、マンションによっては必要が無いケースが増えた、タンスや食器棚の様な大型家具はどうなのでしょうか?
粗大ゴミとして市町村に申し込んで回収をしてもらえるのですが、物によってはリサイクル業者だと買い取りをしてもらえる事もあります。
また、市町村によっては小型の収納棚や椅子を小さく解体すると一般ゴミとして回収してもらえる場合もあるので、市町村の粗大ゴミを扱う部署に確認をしたり、マンションの管理人に相談する事も必要だと思います。
リサイクル業者に頼む場合は出張費が掛かる業者もあるので、自宅に近いルートにいるトラック等に一緒に回収を頼むと回収費用が安くなる事もあるので、そのあたりも相談してみると良いですね!

長年生活をしていると、衣類や本、CDやDVD等も不用品として多くなってしまう場合もあります。
自分で持ち込める様な店が近所にある場合は、持ち込んで査定してみる価値もあります。
衣類は季節によっては金額が付かずに買い取りをしてもらえない事もあるのですが、CDやDVD、本等は、保存状態が良ければ買い取ってもらえます。
業者によっては出張見積もりをして買い取りをしてもらえるので、相談するとゴミとして出すよりもお金になるのです。
この様な物は買った時に比べるとかなり安いのですが、ネットオークションに出品して売買金額から手数料を支払う事を考えると、即日に回収しての買い取りをしてもらえるので、利用した方が良いと言えます。
食器類は、セットで箱から出していない未使用品ならば買い取りをしてもらえる事もあり、ゴルフ道具や楽器、趣味の模型等、幅広く買い取りをしてもらえるので、先ずは捨てる前に相談する事をお勧めします。