髪の毛の仕組みについて

男性型脱毛症の略称であるAGAは、遺伝や男性ホルモンが関係すると考えられています。
主な症状は生え際から頭頂部にかけて薄毛が進行するタイプと、逆に頭頂部から生え際にかけて進行するタイプがあります。
放置しておくと薄毛が進行する一方ですので、早めに対策を行う必要があります。AGAは頭髪問題の代表のようなものですが、全容が解明されているわけではありません。
そのため現在の医療技術では完治させることができず、症状の進行を遅らせることしかできないのが現状です。
この頭髪問題に取組むためには、髪の毛の仕組みについて知る必要があります。髪には成長期と退行期それから休止期が繰り返し訪れます。
そして頭髪問題には成長期が深く関係してきます。一般的な成長期間は2年から6年程度です。
しかしAGA患者は何らかの原因により成長期間が通常より短くなります。
成長期間が短くなる原因には、DHTという物資が関係しているようです。
DHTが活発に活動することにより、髪の成長が阻害されるというわけです。
そこで有効となる治療は、DHTの生成を抑えることです。DHTの生成を抑えることができれば、症状の進行を遅らせることが可能となります。
参考:http://www.intermixworld.org/