主人の引っ越しと単身赴任への不安。

ついに決まってしまいました。
まだ先の話になりますが、年明けに主人が仕事で異動になります。
前々からお話はいただいていたのですが、先日、本格的に決定になりまして。
そこで問題になるのが主人のみの引っ越しで単身赴任をするか、家族みんなで引っ越すか。
私と子どもたちも異動先について行くべきかどうか、本当に迷いました。
大きくなったようで、やはりまだまだ幼い子どもたち。
父親と離れて暮らすとなると、寂しい思いをさせてしまうことは避けられません。
でも、引っ越すとなると、転校は必須ですし習い事もやめなくてはいけないし…。
ずいぶん夫婦で悩んで、今のところは主人が単身赴任をする方向で考えています。
でも私一人で家事育児をしていく生活を思うと不安がいっぱいで…。
とくに一番心配なのは病気の時ですね。
子どもの病気の看病ももちろん大変でしょうけど、それ以上に私が体調不良でダウンした時には…と思うとゾッとします。
おちおち寝込むわけにはいかないですよね。
気合いで動くしかないです。
この単身赴任期間が終わったら、肝っ玉母さんになっているかもしれませんね(笑)
とにかく「母は強し」で乗り切るしかないので、頑張ります。

キャッシングの用語集として知っておく物

キャッシングの用語集には色々とありますが、いくらか知っておいたほうがよいことがあります。一つは、リボルビング払いです。用語集でまず重要であるといえます。キャッシングというのは、少額の小口融資です。昔は一括返済が原則でしたが、今ではリボルビング払いというのが主流になっています。これは業者側が最も儲かるからです。具体的には、利息も含めて、決められた金額だけ支払う、ということです。一万円なら、それだけしか支払わなくてよいわけです。これはそのまま利息がどんどん嵩んでいく可能性もありますから、実はそこまでお勧め出来る返し方ではないです。キャッシングの用語集として、もう一つ重要なのがあります。それが利息だけを入れる行為になります。これはジャンプと呼ばれています。場合によっては、リボルビング払いがジャンプに該当することはあります。リボルビング払いは基本的にはまったくお勧め出来ないですが、どうしても支払いが出来ない場合は仕方ないです。そうしたことがありますが、よい場合もあります。しかし、これはキャッシングに限ったことではないですが、早くお金を返すことができるならば、それにこしたことはないです。それが賢明なやり方です。もしたくさんの会社から借り入れをしてしまった場合、おまとめローンで一本化するといった手段も利用できます。
参考:http://www.purple-diary.com/