転勤の際のマスト事項【社内】

入社して1年もたたないうちに転勤を命じられたことがあります。
その際、当時の上司から言われたことは「辞令が出たらまず一番に新しい直属の上司に挨拶すること!」でした。わたしはアドバイスに従ってその日のうちに電話で「~月からお世話になります。よろしくお願いします。」という旨を伝えたのですが、やはり着任後も赴任前から挨拶をしているかしていないかでだいぶ緊張度というか心持も違うと思います。着任先の新しい同僚の方々も電話でもメールでも何でもいいから事前に一言挨拶があった人のほうが、心情的に受け入れやすいのではないでしょうか?
結局わたしは転勤先からまたしばらくして元の部署に戻ることになったのですが、その際にも着任先の上司に「戻った日の初日は定時の2時間くらい前には会社に出社するようにしてみんなにちゃんと挨拶するんだぞ!」と言われました。
本音を言うとすこし恥ずかしいし、面倒といったら面倒なのですがやはりはじめの挨拶は今後の仕事関係にも影響すると思うので特に気を付けた方がいいと思います。

引っ越しが決まったら、電気やガスや水道の利用の停止や引越し先での利用開始の手続きをする必要があります。

電気、ガス、水道の事業者で手続きを一括で出来るインターネットサイトを提供をしている地域もあるので確認をしてみましょう。

電気の手続きは、引っ越しの1週間ぐらい前までには領収書や検針票に書いている電力会社のインターネットにアクセスをし、営業所に電話で移転のことを伝えましょう。

移転の連絡をすれば引っ越しの当日に電力会社の人がメーターを確認をして料金の精算をしてくれます。 

【引用】http://www.extremal24.com/

引っ越し費用を安く抑えるには

最近は、春の引っ越しシーズンだけでなく、一年中引っ越し業者のトラックをよく見かけるようになりましたよね。
引っ越し費用の平均は、一人暮らしで7万円、カップルで10万円、家族で12万円超となっているそうです。
一般的に引っ越し料金が決まる要素としては、エリア・配送距離、荷物の量、引っ越しの曜日などが挙げられます。
なので、もし料金を安く引っ越しをしたいのであれば、今挙げた要素を意識した準備を行うことがポイントになるでしょう。
また、引っ越し費用を安く抑えるためにも、業者からもらう見積もりは複数取り寄せ、料金コスト・内容をじっくり比較・検討してみましょう。
引っ越し見積もりサイトで複数の業者から見積もりを一括請求できる便利なネットサイトもあります。特に業者名にこだわらなければ自分にピッタリの業者が見つけやすいので、ぜひチェックしてみてくださいね。
満足度の高い引っ越しをして、気持ちよく新生活をはじめられるよう、準備はしっかり行ないましょう。
まずは気になる引っ越し業者やプランなど、情報収集からスタートです!!