ワキ脱毛の主流はレーザー脱毛

今の脱毛の主流はレーザー脱毛。特に女性はワキ脱毛をしたいという方が多いですが、ワキ脱毛においてもエステサロンなどではレーザーの仲間であるIPLや光を使ったものが使用されています。

本当のレーザー脱毛というのは医療行為なのでエステサロンや脱毛サロンのように医師の資格がない人たちは扱うことができないのです。

レーザー脱毛は医師が行うものなので、出力も強く効果もかなりあると言われています。

半永久脱毛効果があるので、ワキのように常に処理をしていなくてはいけない部位に適している方法であると言えるでしょう。個々の毛周期によっても異なるところはあるものの、2~3ヶ月に一度のペースで施術をすれば1年ほどで自己処理の必要がないくらいキレイになると言われています。

本当に無毛にするためには2年近く通わないといけないこともありますが、処理の手間がなくなればそれだけでもかなり楽ですよね。

レーザー脱毛においてはニードル脱毛のように痛みも少ないですし、副作用のものもほとんどないと言われていますが、稀にレーザーによる火傷などが起こることもあると言いますので、事前の説明をしっかりと聞くようにしておきましょう。